天使がくれる癒しのメッセージ
私たちがこの世界で、平和や思いやり、寛大さに満ちた世界をを実現しようと懸命に努力している今、かつてないほどの多くの天使が、地球に舞い降りて来ています。天使はガイダンスや励ましの言葉を与えてくれるとともに、私たち一人一人のなかに存在する愛についても思い出させてくれます。それでは、私が最近、天使から受け取った癒しのメッセージをご紹介しましょう。
裏切りについて
裏切りの本質にあるものは何でしょうか。 傷つけられたとか、愛されていないという気持ちでしょうか。 しかし本当は、あなたを傷つける人は自分自身を傷つけているのです。 裏切るという行為は、人の心の池に痛みという石を投げ入れた結果、悲しみのさざ波を立てることなのです。 心の池は愛で満たされて、常に平穏な状態であるべきなのに、そこにあえて石を投げ込む、それが裏切りです。 あなたは今、本当の自分を置き去りにして、自分に嘘をつくつもりですか。 いつまでもその痛みに意識を向け続けると、傷がいっそう深まるだけです。 傷ついたことばかり考えていると、人に傷つけられるよりもっと自分を痛めつけることになります。

傷ついたことは忘れましょう。 くよくよ考えて、さらに惨めな気持ちになるのはやめましょう。 辛い出来事にしがみついていても、誰の役にも立ちません。 あなたはその痛みを癒す必要があります。 心の痛みをぬぐい落とせば、心がすっきりして、親しい人への失望感からくる痛みを癒すことができるのです。

私たち天使が、今、あなたのまわりを取り巻いている場面をイメージしてください。 そして、私たちは次第にあなたに近づきながら、天使たちの数も増えていることに気づいてください。 私たちは翼を広げて、あなたのまわりにお盆のような大きな円を作ります。 この翼でできたお盆の上に、あなたの両手を手のひらを下にして置いてください。 私たちは愛であなたの手のひらを暖め、次第に上へとその暖かさを伝えます。 私たちは絶え間なく動いてあなたのエネルギーの不調和を正し、心の平和と安心感をあなたにもたらします。

あなたの心の奥底にある裏切りに対する怒りが、あなたの指先を通じて放出されていく様子を私たち天使に送ってください。 あなたの思いやりあふれる優しい気持ちを、完全に手渡してください。 すなわち、友人の裏切りによって持ち去られてしまったとあなたが感じている愛を、その人を信頼すべきではなかったと自分を愚かだと思う気持ちを、そして、無意味な関係にまた無駄な時間を費やしてしまったという思いを私たちに預けてください。 私たちにはあなたの気持ちがよく分かります。

私たち天使はあなたの心の痛みを共に感じ、あなたの重荷を引き受けますが、本当は、裏切りも傷心も存在していないという真実を見失うことはありません。 あなたとその人の真の心のつながりは、愛で結ばれた一瞬一瞬に、宇宙に永遠に記録されました。 その愛は、ゆるぎなく決して後悔しないものです。
幸福について
あなたは心の中で、幸福とは追いかけて必死になってつかまえるようなものだと考えているかもしれません。 あなたが想像しているこの "怪物" とは、自分が追い求める真実はもともと幻にすぎないというあなた自身の考えにほかなりません。 求める真実は幻想ではないことを私たち天使が保証します。 この単純なことを拒絶すれば、あなたを本来の居場所へとスムーズに導く励ましの言葉を無視することになります。

あなたは自分の外側に真実を探し求めているのですが、あなた自身や、あなたのいる所を危害から守る必要があるとは考えないでください。 それは、自分が望むものを得るためにはそれを自分が恐れる何かと交換しなければならないと考えているので、恐怖を絶えず心の中に持ち込んでしまうことに他ならないことなののです。

実際にあなたが失うものは何にもありません。 この世界にたった一人の存在であるあなたという大切な人は、苦難を経験する必要は無いのです。 自分でそれを選択しない限りは。 苦難の選択をしてもあなたが望めば簡単に取り消して、心の持ち方を一新することができます。 幸福であることは何も難しいことではありません。 シンプルさが、幸福の本質的な要素の一つですから。 そして、あなたが霊的な存在であるという真実を喜びましょう。 この世に生きているスピリット(霊)であり、神によって神聖な目的のために創造されたあなた自身を楽しみましょう。 そして、幸せを感じながら、いつでもあなたは素晴らしい恩恵を受けていることを考えましょう。 どこへも行く必要はありません。 ここにいれば良いのです。 そして、軽い呼吸をして祈りの言葉を唱えるだけで、長い間たどり着けないように思えた安寧の境地に向かうことができるのです。
孤独について
あなたは深く愛されています。 あなたは、自分の心の中にある幸せな微笑みがかすかに光っていることに気づいているにすぎません。 あなたはまだ自分の偉大さに気づいていません。 むしろ、それから目をそむけています。 自分の中で燦然と輝く光に畏敬の念を起こすことを恐れて。

さあ、あなたの偉大さに目を向けましょう。 まばゆく輝く光から離れてはいけません。 その光が、あなたの虚しさを埋め、心の空洞を愛で満たすのです。 その愛は、真実で永遠で他に比べようのない愛です。 両手でそれを受け入れ抱きしめましょう。 その光が、あなたの空虚な心を愛で埋めることができるのです。 永遠の清らかな愛が心に満ちて、あなたのすみずみまで満ちわたります。
ページトップへ
このページの TOP へ