インディゴ、クリスタル、レインボーチルドレン
ドリーン・バーチューは、"The Care and Feeding of Indigo Children(インディゴチルドレンの養育と食事)" と『クリスタル・チルドレン―感性豊かな愛と光の子どもたち』(ナチュラルスピリット出版)をはじめ何冊かの著書の中で、思慮深く経験に富んだ 21世紀の賢人とも言える子どもたちについて書いています。 ドリーンはまた、極めて感性豊かな新しい世代の子どもたちを紹介する2枚組 CD セット "Indigo, Crystal, and Rainbow Children(インディゴ、クリスタル、レインボーチルドレン)" をヘイハウス社から出版しています。
レインボーチルドレンに会いましょう。
レインボーチルドレンとは、私たち人間にある神性や潜在能力というものを具現化して生まれた子どもです。 地球に生まれてくるのは初めてで、クリスタルチルドレンを両親に選んで生まれてきます。 レインボーチルドレンは、誰かを恐れるということが全く無く、奉仕のために生まれてきたまさに神の化身なのです。

レインボーチルドレンは、惜しみなく与えるためだけに地球へやって来ました。 彼らはすでに、霊的に最高の状態に達しています。
クリスタルチルドレンという子どもたちもいます。
クリスタルチルドレンを見て、ほとんどの人が最初に気づくのはその「目」です。 大きくて、何もかもを見通すような、年齢を超えた賢明さをたたえた目をしています。 その目に見つめられると、人は催眠術にかかったようになり、魂の奥底まで、すっかり見通されてしまうように感じます。

おそらくあなたは、この新しい特別な「種」の子どもたちが、地球上に急速に増えていることに気づいているでしょう。 彼らは楽しく、愉快で、おおらかです。 年齢は0歳から7歳ぐらいまでの(訳注:この年齢は著書が出版された年を基準にしており、一般に、クリスタルチルドレンは、1995年以降に生まれているようです)、この新しい世代のライトワーカーたちは、それまでの世代の子供たちとはまるで違っています。 クリスタルチルドレンは、多くの点で理想的であり、人類が向かっている方向を指し示してくれています。 そして、それは、正しい方向なのです。
それより年上の子どもたち(ほぼ7歳から 25歳)を「インディゴチルドレン」と言います。
(訳注:同様に、1977年頃から 1994年頃の間に生まれているようです)
インディゴチルドレンには、クリスタルチルドレンと共通する特徴があります。 どちらも非常に感受性が強く、霊能力があり、重要な人生の使命を担っています。 主な違いは、その気性です。 インディゴたちは、もはや役に立たない古い体制を破壊するために生まれてきたため、戦士の気質を持っています。 一貫性の無い政府や、教育や、法体制を壊すために生まれてきたのです。 その目的を達成するために、激しい気性や烈火のような決意が必要なのです。

変化に抵抗し、既存の慣習を大切にしている大人たちは、インディゴチルドレンを誤解することもあります。 彼らは、注意欠陥多動性障害(ADHD)や注意力欠如障害(ADD)といった精神疾患の誤ったレッテルを貼られることがあります。

悲しいことに、インディゴチルドレンは薬物治療を施されると、その優れた感受性や、生まれながらのスピリチュアルな資質、戦士のエネルギーを失うことがあります。 私は、著書 "The Care and Feeding of Indigo Children(インディゴチルドレンの養育と食事)" の中で、インディゴチルドレンについて多くのことを書きました。 このテーマについては、ヘイハウス社から刊行されている他の2冊の本、リー・キャロル(Lee Carroll)とジャン・トーバー(Jan Tober)共著の『インディゴ・チルドレン』(ナチュラルスピリット出版) と "An Indigo Celebration" もお薦めします。

対照的に、クリスタルチルドレンはいつも至福に満ちていて、情緒が安定して穏やかです。 もちろん、たまには癇癪(かんしゃく)を起こすこともありますが、たいていは寛大で、おおらかです。

クリスタルチルドレンは、インディゴチルドレンが開拓した道の標識から恩恵を受ける世代です。 まず最初に、インディゴチルドレンが先頭を歩き、一貫性を欠いたものを "なた" を振るって片っ端から刈り倒して行きます。 その後、開かれてきれいになった道をクリスタルチルドレンが歩き、より安全で安心のできる世界へと地ならしをするのです。 そして今、恐れというものを持たないレインボーチルドレンが、純粋に惜しみなく与える存在として姿を私たちの前に現わし、私たちの願いに応えようとしています。
"インディゴ"、"クリスタル"、"レインボー" という呼び名は、この各世代の子どもたちのオーラの色やエネルギーパターンを正確に表しているために、この3つの世代の子どもたちに与えられました。
インディゴチルドレンのオーラは、インディゴブルーを多く含んでいます。 インディゴブルーは「第三の目」のチャクラの色で、第三の目は、眉間の奥にあるエネルギーセンターです。 このチャクラは、クレアボヤンス(透視能力)、つまり、エネルギーや、ビジョン、スピリット(霊)を見る能力を司っています。

インディゴチルドレンの多くがクレアボヤント(透視能力者)です。 また、クリスタルチルドレンのオーラは何色ものパステル調の色合いを含み、オパール色(乳白色)に輝いています。 この世代はまた、クリスタルや石に興味を惹かれる傾向があります。 一方、レインボーチルドレンは、虹のエネルギーを放っています。 それは、私たちが健康で調和の取れた状態を保つために持って生まれてきたエネルギーです。

犬が差し迫る危険を嗅ぎ取るように、インディゴチルドレンは不正を感じ取ることができます。 インディゴチルドレンは、嘘をつかれたり、おべっかを使われたり、巧みに操られかけたりすると、すぐ察知します。 一貫性のある新しい世界へ、私たちを導くことがインディゴチルドレンの集合目的である以上、嘘を発見する能力は不可欠なのです。 前述したように、この戦士の気質は、一部の大人たちにとっては脅威です。

また、インディゴチルドレンは家庭や、職場や、学校での、機能不全な状況には適応することができません。 彼らは、自分の気持ちをどこかへやって、何事もなさそうなふりをする能力を持ち合わせていないのです。 薬物を処方されて、鎮静状態にさせられた時以外は。
クリスタルチルドレンの天性のスピリチュアルな資質もまた誤解されています。
クリスタルチルドレンにはテレパシー能力があり、そのため、言葉を話し出すのが遅い傾向があります。 新しい世界では、私たちは、直観的思考や感情により敏感になり、話し言葉や書き言葉にそれほど頼らなくなります。

心と心で通じ合うようになるため、コミュニケーションは、より速く、直接的で、正直なものになります。 すでに、非常に多くの人たちが、自分の霊能力を目覚めさせています。 超常現象への興味は、かつてない高まりを見せ、超常現象をテーマにした本や、テレビ番組や、映画などが公開されています。

ですから、インディゴチルドレンに続く世代が、優れたテレパシー能力を備えていることは驚くにはあたりません。 クリスタルチルドレンの多くが、話し始めるのが遅く、3~4歳になって初めて言葉をしゃべるというのも珍しいことではありません。 しかし、彼らの親たちは、物を言わない子どもたちとコミュニケーションするのに、何の支障も無いと言います。ほとんど問題は無いのです。

クリスタルチルドレンと親たちは、心と心で直接対話し、クリスタルチルドレンは、テレパシーや、自己流の手話や、歌や音を使って意思を伝えます。

問題が持ち上がるのは、クリスタルチルドレンが、医療や教育関係者によって、"異常な" 発話パターンを持つと判断される時です。 クリスタルチルドレンの出生数が増えるにつれて、自閉症の診断数が増え、史上最高になっているのは偶然ではありません。
クリスタルチルドレンが他の世代と違っているのは事実です。
しかし、そのような違いを病的なものとみなす必要はあるのでしょうか。 その子どもたちが家庭で十分コミュニケーションを取れていて、親たちが何の問題も感じていないのなら、どうしてそれをわざわざ問題に仕立て上げる必要があるでしょうか。

クリスタルチルドレンは、他のどの世代よりも、人とのつながりを好み、話し好きで、思いやりがあり、抱きしめたくなるほどかわいい子どもたちなのです。

クリスタルチルドレンはまた、非常に達観していて、生まれつき高い霊性を備え、さらに世の中に対して、まれに見る高い感受性と豊かな思いやりを示します。

クリスタルチルドレンは、抱き締めたり、ケアしてもらいたがっている人を、自発的に抱き締め、思いやりを示します。

著書 "The Care and Feeding of Indigo Children(インディゴチルドレンの養育と食事)" の中で、私は、ADHD は、Attention Dialed into a Higher Dimension(高次元につながった配慮を持つ人)の略語であるべきだと書きました。その方が、クリスタルチルドレンをより正確に言い表しているのです。

このような子どもたちは機能不全のレッテルではなく、畏敬の念を抱くに値します。 もし機能不全というものがあるとすれば、人類の進化が継続していることを受け入れないシステムにあるのです。

もしそのような子どもたちにレッテルを貼って恥ずかしい思いをさせたり、薬物療法で服従させようとするなら、私たちは天からの贈り物を台無しにしてしまうでしょう。 一つの文明が根づく前に、壊してしまうのです。 しかし幸いにも、前向きな解決法や、別のアプローチがたくさんあります。 そして、クリスタルチルドレンを送り込んでくれた天は、そのような子どもたちを支持する人たちを支えてくれるのです。

私が初めてクリスタルチルドレンの存在に気づいたのは、世界中を旅しながら天使についてのワークショップを行っていた時のことです。 クリスタルチルドレンの目と、魅力的な人柄に気づきました。 私はクリスタルチルドレンと心と心で会話し、彼らが私の無言の質問に答えを返すのがはっきり分かりました。 私が心の中で送った褒め言葉に、微笑みを返して応えてくれたりもしました。 この子たちは、私の考えを "聞く" ことができるのだ、と私は気づいたのです。

それから数年間、私は、"The Care and Feeding of Indigo Children(インディゴチルドレンの養育と食事)" を執筆するため、子どもや親たちにインタビューしました。 私は、人間の行動に何らかのパターンを見出すことに魅力を感じていたのです。 それぞれがユニークな形をしている雪の結晶のように、同じものは二つとして無いのですが、その雪の結晶にも共通点があります。 インディゴチルドレンには、すでに述べたような特徴を見つけました。 クリスタルチルドレンに関しては、調査はより興味深い展開を見せました。
幼いクリスタルチルドレンに会うと、私はいつも一人ひとりの子どもに夢中になってしまいました。
クリスタルチルドレンの心は、私が対話してきた天使と同じようにオープンで、愛に満ちていました。 彼らはあけっぴろげで、気取りがありません。 クリスタルチルドレンのことを考えながら眠りにつくと、眠っている間にスピリットの世界から(あるいはクリスタルチルドレン自身から)多くの情報が送られて、翌朝目覚めたということがよくありました。

毎朝目が覚めると、クリスタルチルドレンに関して、前の晩には知らなかったことを知るようになっていたものです。 私はクリスタルチルドレンについて講演するようになり、聴衆もそれをすんなり受け入れてくれました。 聴衆の多くは、こうした子どもを持つ親であり、祖父母であり、そのような子どもたちを教える教師でした。 彼らは、私が子どもたちの特徴を描写すると、すぐに納得し、理解してくれました。

講演会の参加者や私のニューズレターの購読者に、クリスタルチルドレンに関するアンケートに答えてくれるように頼んだところ、たった一日で、何百もの回答が寄せられました。 『クリスタルチルドレン』を執筆するために、私は、こうした素晴らしい子どもたちを育てたり、教えたりした人々から寄せられた何百ページにもわたる文書に目を通しました。

調査結果を振り返っていたとき、二つの出来事が起こりました。 一つは、私の心が愛と感謝でいっぱいになったことです。 送られてきた話をただ読んでいるだけで、力強い天使の前にいるような感動を覚えたのです。

このような驚くべき子どもたちが、この惑星に存在しているという事実に、私はほとんど陶酔感にも似た幸せを感じ、私たちの集合的未来は大丈夫だという自信を持ちました。 もし私たち人類が文明の、あるいは惑星の最終行程を生きているとすれば、神はこのような特別な人類を地球に送り込むことはしなかったでしょう。
人類は、猿のような姿勢から進化してきたように、クリスタルチルドレンは、私たち人間が継続的に進化していることの具体的な証なのです。
二つ目の出来事は、アンケート回答者の間に、クリスタルクリアな(非常に明瞭な)パターンがあるのを発見したことでした。 例えば、クリスタルチルドレンと、動植物や、石や、年配の人々との関係について多数の似通った話を読みました。 また、クリスタルチルドレンは親との言葉によるコミュニケーションを意図的に避けながらも、テレパシーを通じて心を通わせているという、共通して見られる多くの謎めいた話に夢中になりました。

多くの親たちがこう言いました。「私の子どもは、インディゴチルドレンの説明にはしっくりこないものを感じるのですが、クリスタルチルドレンの描写を読んで、まさにその通りだと思いました」と。 親たちの大半が、クリスタルチルドレンたちとの関係に問題はなく、満足していると言いました。

世界中の親や祖父母が、彼らのクリスタルチルドレンのことを「エンジェル」、「人生で一番愛しい人」、「真の喜び」などと呼ぶという話も聞いています。 また、霊的感受性が高いのはクリスタルチルドレンだけでなく、その親たちも同様に霊的感受性が高いことに気づきました。

クリスタルチルドレンの魂は、スピリチュアリティ(霊性)を育めるような環境で育ててくれる両親を選んで生まれてきたのは明らかです。 時には、霊的に目覚めていない親を持つクリスタルチルドレンにも出会いましたが、この場合は、祖父母が進化したライトワーカーで、クリスタルチルドレンのスピリチュアルな知識と才能を保護し、磨きをかけるのを助けています。

クリスタルチルドレンが、あふれんばかりに愛情豊かで、親切であるとはどういうことかを教えてくれる素晴らしいスピリチュアルティーチャー(霊的教師)であると、ほとんどの親たちが口を揃えて言います。

ある日、私は、オーストラリアのシドニーで、クリスタルチルドレンについて講演していました。 休憩時間に、私の著書を販売してくれていた出版社の人がこう言いました。

「みなさんが、クリスタルチルドレンの本を買いたいとおっしゃるのですが、いったいどういう本なのですか?」

私は笑って、そんな本はないわ、私は、インタビューやチャネリングを通じて得た情報を話しただけよ、と言いました。 すると出版社の人は「そうですか。でもみなさんは、明らかにその本をほしがっていますから、書いてくれませんか?」と言ったのです。 私は何のためらいもなく「ええ、もちろんですとも」と言いました。 こうして生まれた私の著書『クリスタル・チルドレン』は、書店や、インターネットで購入していただけます。

また、新しいウェブサイト www.TheCrystalChildren.com を立ち上げました(現在は閉鎖)。このサイトでは、クリスタルチルドレンに関する記事とともに、掲示板を設け、クリスタルチルドレンや、親、祖父母、先生方が情報を交換しながら互いに支え合える場を提供しています。
これまで述べてきた子どもたちは、私たちの祈りに対する答えです。
クリスタルチルドレンの中には大人になった人もいて、今、新たにレインボーチルドレンが生まれています。 そのようなレインボーチルドレンの親たちは、少し早く地球にやって来て、現在二十代を迎えている、少数の大人のクリスタルチルドレンです。 私たちが体内でセロトニンを同化吸収するのに必要な光の全域が狭まったことから、レインボーチルドレンが登場したのです。 言い換えれば、スモッグのない晴れた日に戸外に出かけ、太陽の陽射しを浴びる時、私たちは、太陽の光を通じて「レインボーエネルギー」を体内に取り込んでいます。 私たちは、そのように、生まれつきレインボーエネルギーが必要なのです。

私たちアースエンジェルや、ライトワーカー、インディゴチルドレン、クリスタルチルドレン、レインボーチルドレン、そしてその後に神や女神が送り込んでくれるであろう世代もみな、一つのチームとして、この地球で共に働いています。 平和を実現するためにここにいるのです。 そして、私たちはそれを成し遂げることができるのです。
ページトップへ
このページの TOP へ